画像による診断

画像による診断:マンモグラフィー

マンモグラフィは乳房をはさんで行うレントゲン検査のことで、しこりやがんに関連すると思われる石灰化(カルシウムの沈着のこと)を見つけるために使います。乳がん検診に使用すると、乳がん死亡が減ることが証明されています。

この検査は、乳房をはさんで撮影するために、「想像していたより痛かった検査」として評判が今ひとつ、といったところもあります。特に「乳房痛」を訴えてマンモグラフィの検査を受けられた方は、もともと感じておられた痛みに加えて、検査の際の痛みが加わって、「やはり”痛い”検査!」と思われるかもしせんね。申し訳ないことです。

しかし、一方で、もともと乳房痛がない方からは、「意外と痛くなかった」という声も結構聞かれます。食わず嫌いせず、まず思い切って検査を受けていただく、そんな心持ちも必要でしょう(食わず嫌いは禁物です)。

レントゲン検査なので放射線にさらされはしますが、被曝量は日本―ニューヨーク間の飛行機に乗ったときに浴びる宇宙線の量と変わらないくらいとされており、健康への影響はほとんどありません。

マンモグラフィーの弱点として、乳腺の多い人では病変を見つけ難いことがあります。若いときには乳腺の量は多く、年を経るにつれて乳腺の量は減っていき、脂肪に変わります。

マンモグラフィーでは、乳腺は白く写り脂肪は黒く写ります。しこりや石灰化は白く写ります。なので、乳腺の量が多い人にしこりがあっても、「雪山の白ウサギ」となってしまいます。乳腺としこりにコントラストの差がつかないので、見落としうんぬん以前に見つけることが物理的にできないわけです。

一方、乳腺が脂肪に変わった人は、「黒山の白ウサギ」になるために、見つけることが容易になります。

次に石灰化について説明します。

マンモグラフィによる乳がん検診が導入されてから、「しこりは触れないけれど、マンモグラフィで石灰化(フィルム上の白い点々)の像がある」という所見が、よく見られるようになりました。良性の場合が多いのですが、なかにはがんの場合もあるので、注意が必要となります。

石灰化の範囲が超音波検査でわかる場合には、超音波装置で石灰化の範囲を見ながら細胞診か組織診をします。超音波検査でわからなければ、マンモグラフィで石灰化の像を直接みながらその場で針を用いた組織診をするというような特殊な検査を行ったり、手術で乳腺を部分的に切除することもあります。

画像による診断:超音波検査

超音波検査は、文字通り超音波を使ってしこりをみる検査で、エコー検査とも呼ばれます。

乳腺は白く写り、しこりは黒く抜けて写るので、コントラストがつきやすく、乳腺の多い人にも有用です。ただし、石灰化を見つけることはもともと苦手です。

大きなメリットとして、放射線を使わない検査のために妊娠中でも安心して受けていただくことが出来ます。

画像による診断:その他の検査

これらの検査に追加して、MRIやCTという特殊な検査を行う事もあります。主には、がんの広がりの範囲を調べるために使用します。

乳房温存手術が可能かどうかまた温存手術の際に手術で切除する範囲を決めるのに有用です。