スタッフ紹介

担当医紹介

理事長 乳腺科 相原 智彦 (日本乳癌学会 乳腺専門医)

相原 智彦

■経歴

平成3年大阪大学医学部卒業。
大阪大学第二外科・大阪府立成人病センター外科で乳癌・消化器癌・肺癌の外科診療に携わる。平成11年大阪大学医学部大学院で博士号取得後、関西労災病院外科・乳腺外科に勤務。乳癌診療に加え、一般外科・消化器外科診療を行う。
乳癌手術件数は1,000例を超える。
平成28年現在、日本乳癌学会乳腺専門医・検診マンモグラフィ読影A判定、日本乳癌学会評議員・乳癌診療ガイドライン薬物療法委員、日本外科学会専門医・指導医

■主な所属学会

日本乳癌学会・日本外科学会・日本癌治療学会・日本臨床腫瘍学会・米国臨床腫瘍学会

院長 清水 宏

清水 宏

■経歴

昭和47大阪大学医学部卒業。
検診マンモグラフィー読影認定医 麻酔科標榜医
市立豊中病院で勤務後に、平成4年から相原病院勤務。
箕面市におけるマンモグラフィーによる乳がん検診の導入を推進。
おもに乳がん検診を担当。

医師 有竹 賀子

■経歴

平成6年東京医科歯科大学卒業。
大阪大学第二外科・国立大阪病院・関西労災病院・大阪大学乳腺内分泌外科・那智勝浦温泉病院・神戸掖済会病院・ベリタス病院にて乳癌、大腸癌、胃癌、胆石症、などの診療に携わる。

■資格

外科学会専門医、日本乳癌学会認定医

看護師 早川 昌子(リエゾン精神看護専門看護師)

早川 昌子

■経歴

平成11年兵庫県立看護大学大学院(現兵庫県立大学大学院)看護学研究科修了。看護学修士(精神看護学)。同年より関西労災病院勤務、平成19年4月より相原病院乳腺科でも勤務。
平成13年専門看護師として認定。平成19年現在39名認定審査後登録されている精神看護専門看護師のうち、関西地区では最初にリエゾン精神看護を実践するリエゾンナースとして活動をはじめる。総合病院におけるリエゾン精神看護(患者家族への心身を包括した精神看護とスタッフへのケア)を実践する一方、関西労災病院勤務より乳腺科チーム、緩和ケアチームに属し、がん患者への心身へのケア、サイコオンコロジーのうち、特に乳がん診療における心身のケアに専門特化し活動。看護系大学、大学院における基礎教育や日本看護協会などの研修講師などもつとめる。

非常勤医師 沖代 格次

沖代 格次

■経歴

平成13年金沢大学医学部卒業。
大阪大学産婦人科・金沢大学第一外科・厚生連高岡病院外科で研修医として診療に携わった後、平成15年より済生会高岡病院・大阪大学乳腺内分泌外科・関西労災病院乳腺外科に勤務。平成28年よりおきしろ在宅クリニックに勤務

■資格

日本外科学会 指導医・専門医・日本乳癌学会 専門医
医学博士(大阪大学)