ホルモン療法のまとめ

■ホルモン感受性のあるがんだった人にだけ、効果がある治療法。 ■閉経前:    タモキシフェン5年。人によってはゾラデックスまたは    リュープリンを2~3年併用。 ■閉経後:    タモキシフェン5年またはアリミデックス5年またはフェマーラ5年。    タモキシフェンを服用中の人は、アロマシンまたはアリミデックス    への変更を考慮するが、タモキシフェンのままでもOK。    タモキシフェンを5年終わっても、なお再発の危険性が高いと    思われるときは、レトロゾール(もしくはアリミデックスかアロマシン)    に変更して治療継続を考慮する。