乳房再建術

インプラントによる乳房再建

乳房切除を行わなければならなくても、形成外科で乳房再建手術を行うことができます。現在は、エキスパンダーというもので皮膚をのばした後に、シリコンのインプラントを大胸筋の下に入れる方法が主流となっています。乳頭・乳輪も再建できます。

インプラントを使う時に、注意しなければならないことがあります。手術後に放射線治療を行った場合には、皮膚が硬くなってのびにくいので、皮ふに穴が開くといった合併症がでることがあります。 インプラントを使う方法は、残念ながら現時点では健康保険が使えませんので、自費扱いとなります。

治療のために乳房切除術をしなくてはならなくても、形成外科で乳房再建術をすることができます。乳房再建術をするのか、あるいはいつするのかは、その方の治療の経過と何より「あなたが再建術を受けたいかどうか」を考えて主治医と相談して決めていくとよいでしょう。

当院では、乳房再建手術の第一人者である、ブレストサージャリークリニックの岩平佳子先生や大阪大学形成外科、冨田興一先生、箕面市立病院形成外科、桑江克樹先生と連携して再建手術を行っています。なお、当分の間は、キャパシティの関係上、当院で乳がんの治療を受けた方を対象にしております。詳しくはお問い合せください。