Aさん(宝塚市在住)

私は、家の近くの乳腺外来で、非浸潤ガンと診断されました。病理検査の結果が出る前に、長男(以前、医療機器メーカー勤務)から相原先生のことを聞き、家からは遠い所ですが、相原病院の乳腺外来を受診しました。

マンモグラフィー、エコーなどの検査で、非浸潤ガンだけでなく、浸潤ガンが見つかり、さらに、リンパ節にも浸潤ガンが見つかった時は、頭の中が真っ白になりました。

しかし、相原先生が、乳がん治療について判りやすく説明してくださり、不安が少なくなりました。相原先生に命を預けようと覚悟を決め、手術をお願いしました。昨今の乳がん治療は日々進歩しているので、信頼できる乳腺専門の医師に出会えるかが生死の分かれ目、そんな中で、私は相原先生に出会えたことに感謝しています。

乳がん専門の看護師により、病気と闘う期間、いかに前向きに楽しく過ごすか、や、リンパマッサージの方法、術後の副作用など、色々とカウンセリングしてくださり、気持ちを前向きにもっていくことができ、元気がでました。

信頼できる医師、そしてそれを支える専門看護師、レントゲン技師、看護師のチームワークの良さが、献身的に患者や患者家族を支えてくださいました。

自分自身が病に侵され、「死」というものを考えた時、患者を生かしたい、幸せにしたい、と真に思ってくださるスタッフに出会うこと、支える家族・友人に囲まれていることが幸せであり、明日に向け、生きるエネルギーになるのだと思います。