home

専門医による診断、手術、術後治療まで責任ある一貫した治療

相原 智彦
相原病院ブレストセンター
乳腺専門医 相原智彦

乳がんと診断された後、治療としては、手術、放射線治療、薬物治療があり、これらを患者さんにあわせて最適の組み合わせで行うことが必要となります。

当院では、経験豊富な専門医と専門看護師が診断、手術、薬物療法まで一貫して担当することにより、あなたにとって最適な治療を責任もって行うことができます。

最先端の乳がん薬物治療

乳がん治療にとり薬物療法は非常に重要であり、非浸潤癌などごく早期の乳がん以外は、局所治療である“手術だけ”で乳がんを治療するという考え方はナンセンスであると言ってもいいでしょう。

乳がんの薬物治療においても、経験豊かな専門医が最新の知見に基づいた適切な薬物療法を安全に行うことで、その患者さんにとって最適で最大の乳がん治療の効果を得られるようにしています。

もちろんこれは、治療する側の押し付けではなく、患者さんの希望やライフスタイルにあわせて、複数の治療法を提示するよう心掛けています。

専門医と連携した一期再建、二期再建どちらも可能な乳房再建

当院では乳房再建術までを乳がんの治療と考えており、国内有数の乳房再建の実績と経験があるブレストサージャリークリニックの岩平佳子先生と連携し、質の高い乳房再建術を行っています。

人工物を用いた一期再建術、二期再建術いずれも行うことが可能です。

「乳房を全部取らなきゃならないなら、手術はしたくない」という方、乳房再建術についてお知りになった上でそう思っていますか?

「乳房温存術なら、手術前と同じになるから大丈夫」乳房温存術は場合によって整容性に問題がある場合があります。

相原病院

相原病院人工関節センター

乳がん検診について

乳がんは、早期発見できれば治る見込みが高いため、乳がん検診が重要です。

症状からみた乳腺疾患

気になる症状である痛みやしこりなど、乳がん以外の病気について解説します。

乳がんの診断

乳がんの診断は、いくつかの検査の結果を照らし合わせて行います。

乳がんの手術

乳がん治療の1本目の柱は手術です。乳がんの手術には大きく2つの種類があります。それぞれの手術についてご説明します。

乳がんの薬物療法

乳がん治療のもう一つの柱は薬物療法です。抗がん剤、ホルモン治療、分子標的治療についてご説明します。