home

「相原病院でよかった」
といわれる理由があります。

相原 智彦
相原病院ブレストセンター
理事長 乳腺専門医
相原智彦

検査から手術まで、経験豊富な専門家チームが切れ目なく支えるので安心です

当院では、十分な乳がん診療の経験を持つ医師、看護師、薬剤師をはじめとしたスタッフが、外来から入院まであなたをチームとして継続的にサポートしますので、安心して専門的な医療を受けることができます。診断から治療まで一つのチームとしてあなたに専門的な医療を提供します。

最新の検査設備を備え、検査結果を迅速に説明します

最新のデジタルマンモグラフィーやデジタルエコー装置を整備しており、検査結果を当日にご説明します。細胞診が必要になった場合には、早ければ翌日にご説明が可能です。迅速に診断をつけることで、不安な時間を極力減らすことができます。

世界標準の乳がん治療を、オーダーメイドで行います

乳がんの手術実績1000 件以上の経験を持ち、診療ガイドラインの作成に長く携わってきた相原智彦医師が、科学的に実証された世界標準の乳がん治療を提供することをお約束します。有竹賀子医師、沖代格次医師とともに、3 名の専門医・認定医で、最新のデータに基づいて、おひとりおひとりに合ったオーダーメイドの乳がん治療を実現します。

いち早くシリコンインプラントによる乳房再建に取り組んできました

健康保険が適応になる前から、国内有数の乳房再建の実績と経験があるブレストサージャリークリニックの岩平佳子先生と連携し、いち早くシリコンインプラントによる乳房再建術に取り組んできました。

からだだけではなく、心のケアを重視しています

乳がん治療では、からだだけでなく心のケアも大切です。当院では、全国でも数少ないリエゾン精神看護専門看護師の早川昌子、がん看護専門看護師の前田絵美をはじめ、経験豊富な看護師により質の高い乳がん看護を提供しています。

相原病院

相原病院人工関節センター

ブレストクリニック川西

乳がん検診について

乳がんは、早期発見できれば治る見込みが高いため、乳がん検診が重要です。

症状からみた乳腺疾患

気になる症状である痛みやしこりなど、乳がん以外の病気について解説します。

乳がんの診断

乳がんの診断は、いくつかの検査の結果を照らし合わせて行います。

乳がんの手術

乳がん治療の1本目の柱は手術です。乳がんの手術には大きく2つの種類があります。それぞれの手術についてご説明します。

乳がんの薬物療法

乳がん治療のもう一つの柱は薬物療法です。抗がん剤、ホルモン治療、分子標的治療についてご説明します。